「伝統の更新にチャレンジする」

山源陶苑
@愛知県常滑市

常滑焼の窯元という生き方

「やきものの街」として知られる、愛知県常滑市。やきものに適した土と、窯を作るために適した丘陵地形、運搬に欠かせない海に恵まれた環境で、900年を超える産地としての歴史があります。そんな伝統ある産地に今新しい風が吹いています。
常滑焼の伝統を更新するチャレンジ「TOKONAME」プロジェクトでは、現代のくらしに合わせた新しい常滑焼を開発。2015年4月には情報発信基地である「TOKONAME STORE」もオープンしました。
そんな「TOKONAME」プロジェクトの発起人である「山源陶苑」の鯉江優次さんと一緒に、伝統をどう守るか、どう更新するかについて考えてみませんか?鯉江さんの想い、プロジェクトの進め方には業界問わず、たくさんのヒントが詰まっています。

開催日時

2015年12月12日(土)
13:00~18:00
※3名以上で申し込みの場合は平日も応相談

申込〆切:実施予定日の6日前 23:59まで

開催場所

愛知県常滑市
「TOKONAME STORE」ほか

地図へ

開催概要

料金:9,720円(税込)
定員:8名
最少催行人数:3名

予約する

旅先の仕事人(シゴトビト)

鯉江優次(こいえ・ゆうじ)

鯉江優次(こいえ・ゆうじ) 1975年、愛知県常滑市生まれ。大学卒業後、陶器の総合商社に8年勤務後、地元常滑の家業に戻る。固定観念にとらわれず、新しい切り口を探るため様々なクリエイター・異業種のものつくりの方とコラボレーションを積極的に行い、常滑焼を更新するチャレンジをおこなっている。

Journeyのポイント

・窯元の仕事について知る
・やきものの街を散策
・陶芸体験
・窯元の現場を見学
・「TOKONAME」プロジェクトを事例に、伝統をいかに更新するかを学ぶ

こんな人にオススメ!

・伝統産業へ新しい風を吹き込みたい人
・窯元の仕事に興味がある人
・ものづくりの世界に興味がある人

市場と産地のスピードの差を埋める

常滑焼の窯元の一つ「山源陶苑」の鯉江優次さんは、大学卒業後に東京の陶器総合商社に就職。2004年に帰郷すると、産地の現状に危機感を感じたといいます。全盛期300軒以上あったという窯元の数は1/3ほどに。今後も後継者不足の問題でさらに減少していくことが見えているとか。

「市場がF1レースカーのスピードで進んでいるとしたら、常滑のスピードは軽自動車。その違いを埋めるのが自分の役割だと思いました」

鯉江さんは早速、オリジナルのブランド「MOM Kitchen」を立ち上げます。それまで問屋を介して販売するのが当たり前だった常滑焼の産地において、「自分たちが使いたいと思う陶器を自分たちで発信していきたい」と窯元自ら販売をスタートさせたのです。

常滑らしさとは?

それから10年、「常滑らしい焼き物を作りたいとずっと考えていた」という鯉江さんは、改めて“常滑らしさ”を探ることに。常滑焼といえば急須が有名で、茶器だけを作るメーカーが多いなか、山源陶苑は食器を含め何でも作る珍しい存在。茶器メーカー同士はお互いライバル関係にあり、普段決して敷居を跨ぐことがないそうですが、鯉江さんは茶器の窯元にも特別に入れてもらいました。

「やっぱり常滑の技術はすごい!茶器を作るために蓄積された技術と素材を活かしたものが作れないか?」

そう考えた鯉江さんは友人のデザイナーに声をかけ、「TOKONAME」プロジェクトを発足。こうして常滑焼の伝統を更新する新たなチャレンジが始まりました。そして、話し合いや調査を重ねた末に生まれたのが、日本茶に用途を限定しない、ティーポットを中心とした「ティーファミリー」です。

常滑の技術と素材を活かした、新しい常滑焼

新しい「TOKONAME」の器は職人の手による繊細な工程を経て完成しますが、「その工程こそが常滑焼急須の真髄。使い勝手を主とした良質なプロダクトを作るために、常滑の急須職人がこだわってきた無くてはならない工程なんです」と鯉江さん。

また、昔から常滑で急須や湯のみに使われている様々な土の中から、白泥と呼ばれる白い土を選び、基となる白泥を新しく調合。顔料を加えて、他ではあまり見られないパステルカラーを生み出しました。

こうして常滑の技術と素材によって完成した器は、それまでの常滑焼のイメージを一新。滑らかなカーブとぽってりとしたフォルムが印象的な「TOKONAME」は、見事に常滑焼の伝統を更新したといえます。

さらに2015年5月には、陶芸体験も可能な「TOKONAME STORE」もオープン。

「プロジェクトを通して、真摯にモノを作って、真摯にモノを売っていくことの重要性に気づきました。頭が前より柔らかくなったかな(笑)」

そう語る鯉江さんに実際に会って話をしてみませんか?「伝統の何を守って、何を刷新するか」そんなヒントに溢れた時間になるはずです。

予約する

有限会社山源陶苑

創業50年を迎える会社。昔ならでは常滑焼を生産する一方、常滑焼を更新するチャレンジとして様々なチャレンジをおこなっている。様々なクリエイターや異業種のものつくりの方々とコラボレーションし、常滑焼の新しい可能性に挑戦している。

Time Schedule

13:00 名古屋鉄道「常滑駅」に集合・当日のスケジュール案内
・簡単な自己紹介
13:15 やきものの街散策鯉江さんの案内でやきものの街・常滑を散策します。登窯、煉瓦煙突、黒い板壁の工場など昭和の窯業施設の跡地や、巨大招き猫にも会えるかも!?
14:30 陶芸体験「TOKONAME STORE」にて、型を使用した“たたら成形”という技法で、陶芸体験をお楽しみください。お好きな器の型を選んでお楽しみいただけます。
16:00 「TOKONAME」プロジェクトについて知る「TOKONAME」プロジェクト発足の背景やプロダクトができるまでの話、プロジェクトによる気づきについてお話いただきます。
16:30 鯉江さんのLife Designに学ぶ鯉江さんのプロフェッションやこれまでの苦労、転機、これからについてお話いただきます。
17:00 「山源陶苑」の工場を見学「TOKONAME」プロジェクトのティーファミリーが実際に作られている現場へ。土づくり、釉薬づくり、型づくりなど、器ができるまでのすべての工程を自社で行っている実際の工場を見ることができます。
17:45 チェックアウト「TOKONAME STORE」に戻り、質疑応答。アンケート記入後、参加者同士で感想を共有しあって終了です。
※希望者とはそのまま交流会も!

PLAN詳細

料金 9,720円(税込)
料金に含まれるもの ・タイムスケジュールに則ったプログラム
(陶芸体験費用含む)
・保険代
料金に含まれないもの 集合場所、解散場所からの交通費
(プログラム内の移動はすべて徒歩です)
持ち物 特になし
開催日時 2015年12月12日(土) 13:00~18:00
※3名以上で申し込みの場合は平日も応相談
開催場所 愛知県常滑市
「TOKONAME STORE」ほか

地図へ

集合時間 13:00 名古屋鉄道「常滑駅」に集合
アクセス方法 「名鉄名古屋駅」から所要時間:約35分(特急)
※ミュースカイ(全席指定)は常滑駅には停車しませんので、それ以外の電車をご利用ください。
定員 8名
最小催行人数 3名
予約〆切 実施予定日の6日前 23:59まで

予約する

参加者の声

前回のLife Design Journey「伝統の更新にチャレンジする 常滑焼の窯元という生き方」にご参加頂いた方からの感想です。

・満足度としましては、大大満足です!一番大きい理由としましては、素晴らしい主催者(鯉江さん)と参加者に出会え、人間性に触れることができたことです。この出会いは宝物だと感じました。 また一人で行く観光と違い、現地の方でいらっしゃる鯉江さんの話を伺うことで、常滑に対する理解が深くなったと感じています。良い面と課題の両面を伺うことができたことが良かったです。 焼き物体験もとても楽しかったです。店舗の方々にもとてもサポートいただいていると感じました。

・今回のイベントそして参加させていただいたことが人生の「点」として終わるのではなく、「層」の一部となり、振り返った時に「きっかけ」として存在するようなものにしていきます。そして、Life Design Journeyが多くの人達の人生に影響を与えるような存在になることを、楽しみにしています。

・体験が出来たこと、体感出来たこと、仕事人の情熱が伝わってきたことの3つがとてもよかったです。 仕事を体験出来たことはもちろん、街を巡りながら仕事人が語ることでその土地の歴史や風土、 その現状と課題を体感できました。 そして、仕事人は自分の持っているものはオープンに惜しみなく伝えようという情熱に溢れ、 本編のみならず夜も電車の時間ぎりぎりまで使って交流してくれた姿勢に、人としての魅力も 存分に感じることができました。 自身が関心のある地域づくり、人づくりのヒントをたくさん学ぶことが出来、大変満足度の 高いジャーニーだったと思います。



●予約について Life Design Journeyへの予約には、クレジットカード情報の入力が必要です。
申し込み完了の時点で、決済が完了します。

●キャンセルについて 申し込み完了後のキャンセルについては、Journey当日までの日数によって、キャンセル料金が発生しますので、あらかじめご了承ください。
※キャンセル料金について

●料金に含まれているものについて ・職場見学or仕事体験
・体験にかかる材料費など諸経費
・仕事人のライフデザイントーク
・本企画中の保険代

●料金に含まれていないものについて ・集合場所までの交通費および宿泊費
・本企画中の移動費・飲食費・お土産購入費など、個人利用の諸費

●個人情報の取り扱いについて 個人情報の取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご参照ください。

●Journeyの参加にあたって Life Design Journeyの旅先は、仕事人の実際の職場です。また、仕事人の話には個人情報なども含まれてくるため、Journey当日にはお守りいただきたい、いくつかの注意事項がございます。
詳しくは「利用規約 第5条および第6条」をご確認ください。

kurashisa inc.allrights reserved

Page Top